INTERVIEW

なんでも売ってるけど、
なんでも売らないのが
ノーベル

清成 勇介

総合企画部_
フィールドセールス_マネージャー

NOVEL

KIYONARI YUSUKE

『売ること』がゴールなんて、つまらない

ノーベルがお客様に選ばれている理由のひとつに「課題ありきの提案しか行わない」というコンサルティングスタンスがあります。私自身、実は10代後半からコロコロと職を変えていたジョブホッパー。それだけ営業の経験は豊富なのですが(笑)、これまでに経験した営業職では、どの会社も『断られにくい話し方』『心をつかむアイスブレイク』『クロージングスキルの向上』など、売り方にフォーカスした教育ばかり。兵隊のようなチームをつくることは、営業部隊としては効率がいいのかもしれませんが、右にならえのマネジメントでは、複雑な顧客課題を解決するにも限界があると感じていたんです。

ノーベルには立ち上げから参加。ここでは業界にありがちな、顧客のニーズを勝手に決めつけたり、特定のサービスへ一方的に落とし込むような商品提案を禁止しています。長期的な信頼関係を築くことが、お互いの事業を伸ばすうえでベストなのが分かっているからです。
実際に営業部内で聞こえてくるのは、小手先の営業スキルを磨くようなテーマではなく、どうすれば顧客のニーズを叶えることができるのか、という話し合いばかりです。もちろん売上はもっとも大切なものですが、顧客視点を無視するような考えを持つ人は当社には馴染まないでしょう。

ロジカルとパッションがいいバランス

だからこそ、ノーベルの教育カリキュラムには、「売ること」に特化したプログラムは一切組み込まれていません。教えられることは「いかにして課題を解決するか」。考える力がつくからこそ、伸びるのです。このように、当社では根性論による営業活動はしていませんが、営業そのものが大好きなメンバーが集まっているように思います。みな、熱心でありながらお客様のために一生懸命になれるメンバーばかりですね。

私も代表も、意欲さえあれば惜しみなくそのノウハウを伝え、助けを求められればいくらでも手を差し伸べます。熱意を武器にしながらも、熱意だけではクリアできない課題と向き合いながら成長していきたい人には、ピッタリの環境だと思います。

課題があるからこそ、燃えるんです

ノーベルのサービスラインナップは幅広く、広告や人材紹介といった採用支援サービス以外にも、業務効率化を推進するシステムの開発、Webサイトの企画制作、面接代行等のRPOなど、幅広いサービスを展開しています。何でも取り扱っているからといって片っ端から提案するのではなく、いま何が求められるのかをコンサルタントとしてジャッジし、顧客の課題解決に導いていく力が求められるのです。採用支援を入り口に、社内システム開発の受注からお付き合いが始まった楽しいケースもあります。
会社のレシピ不足が原因で、いっぺんとうなサービス提案しかできなくてやきもきしている方には、特に楽しんでもらえる環境だと思います。身につけるのは大変ですけどね!

『働くこと』について考えてきたからこそ

MESSAGE

ノーベルは雇用を創出する採用支援の会社。『働くこと』について考えない日はありません。だからこそ「自分たちが働きたい会社」づくりにも真剣です。メンバーそれぞれが理想的とする働き方について意見交換しながら、より働きやすい会社づくりを推進しています。働き方への答えは一つではありません。むしろ多様な答えがあるからこそ、自分の考え方に固執せず、常にアップデートできるはずです。ぜひ、あなたにとっての理想の働き方も教えてください!