2021.05.07

離職期間が長いと、転職活動が不利になる?【デメリットと対策方法】

前の会社を退職してから次に転職するまで離職期間が長くなってしまうケースはよくあります。
転職活動をするうえで「長期の離職期間は採用試験でマイナスポイントになってしまうのでは?」と不安を抱く人も多いでしょう。
今回は、企業が「無職期間が長い求職者」に抱く懸念を踏まえ、そんな不安を払拭する対策方法をお伝えします。

長期の離職期間、採用企業はどうとらえてる?

長期の離職期間、採用企業はどうとらえてる? 転職活動において平均期間は2、3ヵ月と言わており、離職期間が長引くと不利になるのは否めません。
無職期間が長引いている求職者に対して、企業は勘ぐったり、先入観をもってみてくる可能性もあります。
まずは企業が抱く懸念を念頭におき、面接での対策を立てましょう。

仕事へのモチベーションを維持できるのか

無職期間が長くなると仕事をしていない状況に慣れてしまったり、仕事に関する勘が鈍ってしまったりと、入社しても仕事に対するモチベーションをキープし続けるのは困難のではないかと疑われます。
企業にとって社員採用は大きな投資のひとつです。
やはり長く在籍し貢献してくれる人が望ましいため、仕事に対する意識が低いと感じられる応募者は避けたいところです。

転職活動において計画性ない

通常、転職を希望している人は在籍中に転職活動を始めるケースが大半です。
無職期間が長くなれば、何の考えもなく、行き当たりばったりで退職してしまったのではないかと思われます。
長くなればなるほど、計画性のない人と烙印を押されてしまいます。

能力、資格がなく他企業も必要としない人材

企業が内定者に求めることは、すぐに即戦力になる人材です。
無職期間が長くなると求職者が経験やスキルがないために、採用試験に失敗しつづけていると思われます。
どこの企業も必要としない人材は自社にも必要ない人材とみなされてしまいます。

企業の懸念を払拭できる説得力のある理由づけと自己PR

企業の懸念を払拭できる説得力のある理由づけと自己PR やはり履歴書などの書類上、仕事をしていない空白の時間は採用可否に大きく影響されます。
そのため面接時に採用担当者に、「無職期間中はどのように過ごしたか」、「何を得たか」などプラスな理由を伝えることで、企業が抱いている不安材料を払拭できます。

病気や介護などのやむを得ない事情のため

育児や親の介護、自身の病気での療養などやむを得ない事情で長い間仕事に就けないという状況になる人も多いでしょう。
最近はそのような問題へ理解を示す企業も増えてきています。
そういった理由のブランクを経て復帰する場合、子供が成長したことや病気から回復したことなど再就職する環境が整ったことをしっかり伝え、仕事に全力で取り組む気持ち仕事上デメリットになる点はないことを使えるといいでしょう。

希望職種から内定がもらえなかったため

無職期間が長くなってしまった原因として、一番多いのはこちらの理由ではないでしょうか。
なかなか内定がもらえずブランクができてしまった場合は、自身が希望する企業や職種と縁がなかったことを正直に伝えましょう
面接では入社後にやりたいことや目標などビジョンを明確に伝え、積極的にアピールしましょう。

資格取得や留学などの自分磨きのため

資格や留学など自身のスキル向上のための離職期間ができた場合、キャリアップのために学校に通っていたなど明確な理由はとても有効的です。
ただ資格を取得したという事実だけを述べるのは弱いので、そのスキルや経験が今後仕事に活かせるかを具体的にアピールし、企業が求めている人材像と印象づけましょう。

離職期間を”有意義に過ごした”アピールでプラスの印象に

離職期間を”有意義に過ごした”アピールでプラスの印象に 離職期間が長くなるとやはり転職活動に不利になってくるのは事実です。
しかし、ただ時間が過ぎてしまったではなく、しっかりとした目標や意志をもって有意義に過ごしたことをアピールすれば、決してマイナスにはなりません。
ブランクが起こった経緯や理由を整理し、面接では明るく受け答えをすることでポジティブな印象を与えることが最大のポイントです。

まずはキャリアタッグに
相談してみる

ご登録資料請求ご質問など
お気軽にプロのエージェントにご相談してください!

メールで相談する

電話で相談する

LINEで相談する

登録してみる