求人広告事業

主要媒体を取り扱う求人広告の総合代理店

NOVELではマイナビ転職やdoda、女の転職typeなどのお取り扱いを通して、クライアント様の採用活動を支援しています。
各媒体には得意分野と不得意分野があり、これらは固定化されておらず常に変わり続けるもの。目的や時期に合わせて相対的に評価し、熟慮されるべきものです。金額面だけでなくクライアント様にとっての競合他社や市場を正確に把握したうえで、フラットな目線から最適な提案を差し上げています。

分析力

競合や市場の把握、強みや弱みを理解するマーケティングの基礎を抑えたうえで原稿を制作します。良い結果も反省点もデータ化し次号に活かしていきます。

制作力

いっぺんとうになりがちな求人広告の原稿に血を通わせます。ターゲットの心に響くコピーライティングをお約束します。

運用力

デジタルで無機質になりがちな求人広告の運用にも血を通わせます。体温を感じられるスカウトメールのアウトソーシングなど、広告コミュニケーションの本質を理解した効果の出る運用で貴社の採用をサポートします。

貴社の求人広告は、求職者の心に届いていますか?

ターゲットからの応募を獲得するためには「発見」「関心」の両方が欠かせません。
求人広告の掲載枠を大きくするだけでは「発見」を促すことは出来ても、「関心」を引き出すことはできません。
単に対象者を広げるのではなく、貴社にマッチした人材にだけ「発見」してもらい「関心」を引き出すことができたときに、はじめて最大限の費用対効果を導き出すことができます。
私たちは言葉で人の心を動かし、結果を数字で示すことが、求人広告のプロと考えています。

「なんとなく」をすべて排除。独自サービスでターゲットがさらに明確化

求人広告でよく見る「アットホームな職場です」「あなたの”やりたい”が見つかる」「夢をカタチに!」…など
なぜかセオリーになっている無意味な言葉たち。多くの求人広告に、このような「なんとなく正解っぽい」言葉たちが溢れています。これらの問題は大抵、貴社のターゲットへの理解を深めれば解決することができます。
ターゲットがぼんやりしているから、言葉もぼやけてしまうのです。
当社では出稿前の取材とは別に、自社サービス「社内カルテ」を活用し、従業員の生の声を収集し見える化しています。従業員の傾向を正しく知ることで定着しやすいターゲットを絞り込み、対象を明確化することに成功しています。